2013年07月31日

【食物アレルギーへの理解深める 早島でシンポジウム】食物アレルギーに配慮した料理が出せる宿


国立病院機構南岡山医療センター主催の公開講座「岡山アレルギーシンポジウム2013サマーセミナー」が27日、岡山県早島町早島の同センターで開かれ、患者や家族ら約120人が食物アレルギーについて理解を深めた。

専門医ら4人が講演。
岡山医療センター小児科の金谷誠久医師は、東京の小学校で昨年12月、乳製品アレルギーのあった女児が給食後に呼吸器障害などを起こして死亡した事例を紹介。
女児は症状を和らげる自己注射キットを持っていたが使用が遅れたため命を落としたとし、「患者がキットを所持しており、緊急時に処置が必要なことを周りが知っていれば対応の遅れは防げる」と述べた。

一方、南岡山医療センターアレルギー科の木村五郎医長は「薬で症状をコントロールしながらアレルギーへの耐性を付けることが可能」と説明。
「医師の指導に基づき、数年間薬と一緒に適切な量のアレルギー食品を取り続ければ、誤って食べてしまった際の症状を大幅に緩和できる」と指摘した。


山陽新聞【2013/7/27 19:38】
 ⇒ 食物アレルギーへの理解深める 早島でシンポジウム から



posted by スパ17号 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【アレルギー対応のサツマイモコロッケ商品化】食物アレルギーに配慮した料理が出せる宿


生産量の問題もあるかと思いますが、全国展開して欲しいですね。

同じような商品がますます増える事を願います。


食物アレルギーに対応したサツマイモ入りコロッケを、白石町にある障害者福祉施設「佐賀西部コロニー白石作業所」(村井公道理事長)が商品化し、本格的に販売を始めた。
海水で育てたサツマイモが主な具で、国がアレルギー原因食材として表示を義務づけた7品目(小麦、卵、乳など)を使わずに作っている。
看板商品に育てて、施設利用者の工賃アップにつなげたい考えだ。

海水サツマイモは佐賀西部コロニーが開発し、太良町の高齢農家と年間約40トンを共同生産。
焼き芋での販売が主だが、規格外の芋を活用しようとコロッケを思い立った。
障害者8人とスタッフ3人が調理を担う。

材料の農産物は、同コロニーで栽培を手掛けた。
具は半量以上が海水サツマイモで、海水ジャガイモ、タマネギ、塩麹(こうじ)で味付けしたシイタケを加えた。
米粉の衣をまぶした後、冷凍している。

昨春完成した加工場では他の商品は作っておらず、表示義務がある7品目の混入の心配はないという。
砂糖は不使用で、50度と糖度が高い海水サツマイモの自然な甘みと、衣のぱりっとした食感が味わえる。
6個入り480円(1個70グラム)。
同作業所内の「こだわり館」や佐賀市のニコー大和店で販売、注文にも応じる。

月約2万個の生産ができ、当面、月100万円の売上を目指す。村山光弘副所長は「アレルギーのある子どもだけではなく、皆で同じ物を食べてほしい」と、県内外の学校給食などにも売り込む。


佐賀新聞【2013年07月26日】
 ⇒ アレルギー対応のサツマイモコロッケ商品化 から



posted by スパ17号 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。