2013年08月08日

【エピペン、学会が使用基準 緊急時、教諭ら備えを】食物アレルギーに配慮した料理が出せる宿

>保護者のほか、学校や保育所では教諭や保育士が本人に代わってエピペンを使用することもできる。
>エピペンを使うときは子どもが暴れることもあり、押さえる人がいるといい。複数人で役割を決めて

学校以外の事も考えると、保護者、教育関係者意外にも広く広める必要性がありますね。

外食中に保護者がエピペン使用する時に、周りの方がエピペンを何処に打つか知っているかどうかで、暴れる子供を押さえる時に差が出ます。

スピードと戦いの緊急時にこの知識の差は大きい。


食物アレルギーで、全身に重篤な症状が出る「アナフィラキシーショック」。
その症状を緩和するための自己注射薬「エピペン」を使う際の判断基準を、日本小児アレルギー学会が七月にまとめた。
保護者のほか、学校や保育所では教諭や保育士が本人に代わってエピペンを使用することもできる。
学校や保育所などでは、緊急時の体制を整えることも必要だ。
この基準は昨年十二月、東京都調布市の小学校で、給食の粉チーズ入りチヂミを食べてアナフィラキシーショックを起こして五年生の女児が亡くなった事故を受け、同学会の「アナフィラキシー対応ワーキンググループ」が検討してきた。
消化器、呼吸器、全身の症状の三つに分類。
これら十三の症状のうち、一つでも当てはまれば、「処方されているエピペンをすぐに使用するべきだ」としている。
中でも呼吸器の症状は、空気の通り道が狭くなっているためで、窒息と同じ状態になっているので危険な症状だ。
眠ってしまうこともあるが、その間も血流が悪くなって手足が冷たくなっていないか、唇や爪が青白くないかなどを、観察する必要がある。

同グループの委員長で、国立病院機構相模原病院臨床研究センターアレルギー性疾患研究部長の海老沢元宏さんによると、じんましんや赤みなど皮膚の症状は、他の症状とともに出ることが多く、判断基準からは除外した。
「できるだけシンプルに、誰にでもわかりやすくした」と海老沢さん。
アナフィラキシーショックを起こしている場合、タイミングを逃すと重症化する恐れがあり、できるだけ早くエピペンを打つことが重要。
食物アレルギーは子どもの患者も多いため、学校や保育所の職員などが本人に代わってエピペンを使用できる。

エピペンをどのように打てばいいのか。
七月下旬、愛知県大府市のあいち小児保健医療総合センターでは、学校や保育所関係者ら百人を対象にした講習会が開かれた。
参加者は、エピペンに同封されている練習用の器具を太ももに付け、「カチッ」と音がするまで押しつけた。
そして「一、二、三、四、五」と声を出して数え、太ももから離し、先端が伸びていることを確認する。
この一連の動きを何度も繰り返した。
講習を担当した同センターの杉浦至郎・アレルギー科医師は「エピペンを使うときは子どもが暴れることもあり、押さえる人がいるといい。複数人で役割を決めて」とアドバイス。
「緊急時のことを皆で考え、準備しておいて」と話した。

NPO法人アレルギー支援ネットワーク(名古屋市)は、同内容の講習会を十月二十六日と来年一月三十日、二月八日にも予定している。
資料代一人千円。
また、学校や園単位などでの講習に講師の派遣にも応じる。
問い合わせは、アレルギー支援ネットワーク=電052(485)5208=へ。


中日新聞【2013年8月8日】
 ⇒ エピペン、学会が使用基準 緊急時、教諭ら備えを から



posted by スパ17号 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371475431

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。